そろそろタイトル変えようか(現在カリフォルニア)

welcome2ny.exblog.jp
ブログトップ

茗荷谷の「ソーニャ」へ。

今日から夫はお休み。
明日からは、「今シーズン最初で最後のスキーに行っておいで」と背中を押してあげたので、彼はスキーへ。私は何かあると困るので、私自身の実家に帰り、年明けに実家にて集合の予定です。

というわけで、本日は「今年の泳ぎ納め」に行って来ました。彼は1キロ(と、自転車40分)、私は水泳2.25キロ。その後、お散歩を兼ねてランチを求めて歩き始めました。

当初、「チューボーですよ」でユッケビビンバが紹介されたらしい、巣鴨にある韓国家庭料理 伽椰琴 (カヤグム)に行こうと思ったけれど、ランチは2時までだったし、そもそも、ここはお休みだったみたい。そもそも、「あまり、生肉は食べない方が良い」状態なので、こちらは「いつかそのうち」ということに決定。

次、茗荷谷にある「ラ・ベッカータ」まで。でも、こちらもランチは2時半で終わっているので食べられず。

でも、実は、本命はこちら、茗荷谷にある「ソーニャ」というロシア料理店。
このお店は、しばらく前から行ってみたいと思っていたのに、年末年始で休みだったり、定休日にあたってしまったりして、食べたことがありませんでした。このお店にはHPは無いけれど、一応、口コミはあります。何人かの人が書いている通り、マダム(?)が結構怖い、というか、働いている女性にキツいので、それを見ているのがちょっぴり苦痛で可哀想だけれど、お食事はおいしかったです。

彼は牛タンシチュー&たまご&ご飯&ピロシキ。
私はボルシチ&ピロシキのセット。

牛タンシチューもボルシチも、お肉がほろっとするほど柔らかく煮込んであって、お腹がほっこり温かくなります。ピロシキも揚げたてで、例えばパン屋さんで売っているピロシキとは全然違います。2人で、2800円弱で、特に「安い」ということも無いけれど、「高い」ということも無く、これだけお腹が満足するのであれば丁度かな、という感じです。

また、行きたい感じです。
もうちょっと、マダムのキツさが和らぐと良いのだけれど。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-29 18:37