そろそろタイトル変えようか。(現在東京)

welcome2ny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生活の知恵( 6 )

子供の靴洗い:「白いふきんあらい」石鹸等

現在、我が家では子供の上履きや靴下を洗うのにミヨシの「白いふきん洗い」を使っています。

これを歯ブラシにつけて靴をさっと洗ってから、「シューズ洗濯ネット」に入れて洗濯機で洗うと、結構きれいです。15センチの子供の上履きと外履きが余裕で入ります。

その後、シューズハンガーにかけて乾燥させたらすっきり綺麗に。

子供の靴が小さい所為もあるけれど、自分が子供の頃の上履き洗いよりずっと楽だわ、と思っています。
[PR]
by welcome2nyc | 2014-06-11 15:58 | 生活の知恵

日東紡のふきん

たかが布巾、と思われるかもしれませんが、もう、1年程前にどどーんと12枚購入したのが、日東紡のふきん。

「暮しの手帖」で紹介されていて、「ちょっぴりださい布巾」としか思っていなかったけれど、実際1米購入して使ってみたら、白雪ふきんよりずっとずっとお値段も安いのに、とても使いやすくてすっかりファンになりました。

ただ、少しサイズが大きめなので、私は半分に切って、ミシンで縫って使用しています。
多分、ワイングラスやら、大きめのお皿には重宝で、使いやすいのだと思いますが、私のキッチンでは布巾をかけるスペースが特にないので、タオルハンガーを使用しており、長いサイズだと邪魔なので切っている、というだけです。

でも、洗いやすい、乾きやすい、拭きやすい、そして値段もそれほど高くなく、とても良い製品です。
[PR]
by welcome2nyc | 2013-10-14 17:49 | 生活の知恵

クループ用薬セットは冷蔵庫に入れてはいけない。

また、暫く時間が空きましたが、その間にも、1ヶ月分くらい、家を空けて動き回っていました。

今回失敗したと思うのが、クループ用の薬の保管。
冷蔵庫に入れる必要は全くないにも関わらず、冷蔵庫に入れておいて、それを外出先に持ち歩いていたら、薬をまとめて入れている容器の中で水滴が発生、結果、カビが生えてしまいました。

薬自体の交換は不要ですが、ラベルは取れてしまうし、メモも汚いし、袋が開いていた注射器(一応、混ざらないようにどちらがどちらの注射、と書いてあった)も何となく気持ちが悪いので交換になりました。

失敗。
[PR]
by welcome2nyc | 2013-09-25 17:21 | 生活の知恵

AQUA 洗濯機のカビ取り

ときどき、市販のカビ取り洗剤を利用して家の洗濯機の掃除をしていましたが、ここのところ、タオルが何となく生臭いのがとれなくなって来たので、専用の洗剤を購入して洗ってみました。

私が買ったのはこの商品。洗濯槽クリーナー(洗濯槽のかび取り用洗浄液) サンヨー SWCLEAN-1(617 111 3204) → 東芝 T-W1

クリーナーを投入してから全て終了するまで、実に14時間もかかりました。
かなり強いクリーナーなようなので、その後でもう1回、子供が使うわけではないタオル等を洗って、洗剤を落とすように努めました。

掃除中は、水が何となく濁って来て、ふわふわふわ、と、石けんカスの様なものが出て来ては溶けて行く(?)のが見えて、実に面白かったです。「へー、うちの洗濯機って、こんなにダイナミックに動くことが出来るのね!」と感心する程の水の動き。

その後タオル等を洗濯すると、生臭さが随分減った様な気がします。
これからは半年に1回くらい、クリーナーを使うようにしたいと思います。
[PR]
by welcome2nyc | 2012-07-12 14:02 | 生活の知恵

コンテックスの「タオルてぬぐい」

先日、伊勢丹にてコンテックスの「タオルてぬぐい」を買いました。

子供とお泊まりで出かけると、子供の分のタオルがなかったりすることもあるし、ホテルではないところだと当然タオルはないので、かさばらないものを、と考えていました。

私達夫婦が「ホテル以外」に泊まる時には、プールで使う様な「良く水を吸うタオル」を持って行きます。多分、「セームタオル」と言うと思うのですが、昔は「かちんこちんになるタイプ」しかなかったけれど、近頃普通のタオルのように柔らかいものもあるので、それを使っています。

子供用もそれで良いけれど、可愛いものがないから、ということで、我が子が大好きな「こけし」の模様を買ってあげました。


(画像は上記のお店からお借りしました。)

普通のタオルより薄くて長いので、1歳半の子供のバスタオルにはぴったりでした。因に、「薄い軽い長い」とタオルの帯には書いてありました。
[PR]
by welcome2nyc | 2012-07-08 21:32 | 生活の知恵

靴を修理に出す

夫が昨年2月に購入した革靴、つま先の方にいくらクリームを塗って磨いても、なんとなくぼこっとした感じがしている。そこで、本日、「靴専科」というお店に持って行きました。

そうしたところ、どうやら、原因は雨による塩の被害とのこと。
直すにはこれが必要です、とか、こうなるかもしれない、とか、結構弱気なコメントがでてきたため、夫に確認をしてもらうことにした。

費用は8000円強になる予定。
その辺の靴なら買えてしまいそうだけれど、一応直してもらうつもりでいます。

感想は、結果が出てから。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-04-22 20:03 | 生活の知恵