そろそろタイトル変えようか。(現在東京)

welcome2ny.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

お読みいただいた皆様、ありがとうございました。

2010年も、あと、ほんの6時間ちょっとでおしまいです。

2010年が良い年だった人には「更に良い2011年」を。
そして、「そうでもなかった人」には、「良い2011年」を。

私にとっての2010年は、色々な人との再会や、つながりを実感させられる年でした。
来年も、嬉しい再会や出会いがある年になれば嬉しいです。

拙ブログに来て下さった方々、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-31 17:33 | 雑感

茗荷谷の「ソーニャ」へ。

今日から夫はお休み。
明日からは、「今シーズン最初で最後のスキーに行っておいで」と背中を押してあげたので、彼はスキーへ。私は何かあると困るので、私自身の実家に帰り、年明けに実家にて集合の予定です。

というわけで、本日は「今年の泳ぎ納め」に行って来ました。彼は1キロ(と、自転車40分)、私は水泳2.25キロ。その後、お散歩を兼ねてランチを求めて歩き始めました。

当初、「チューボーですよ」でユッケビビンバが紹介されたらしい、巣鴨にある韓国家庭料理 伽椰琴 (カヤグム)に行こうと思ったけれど、ランチは2時までだったし、そもそも、ここはお休みだったみたい。そもそも、「あまり、生肉は食べない方が良い」状態なので、こちらは「いつかそのうち」ということに決定。

次、茗荷谷にある「ラ・ベッカータ」まで。でも、こちらもランチは2時半で終わっているので食べられず。

でも、実は、本命はこちら、茗荷谷にある「ソーニャ」というロシア料理店。
このお店は、しばらく前から行ってみたいと思っていたのに、年末年始で休みだったり、定休日にあたってしまったりして、食べたことがありませんでした。このお店にはHPは無いけれど、一応、口コミはあります。何人かの人が書いている通り、マダム(?)が結構怖い、というか、働いている女性にキツいので、それを見ているのがちょっぴり苦痛で可哀想だけれど、お食事はおいしかったです。

彼は牛タンシチュー&たまご&ご飯&ピロシキ。
私はボルシチ&ピロシキのセット。

牛タンシチューもボルシチも、お肉がほろっとするほど柔らかく煮込んであって、お腹がほっこり温かくなります。ピロシキも揚げたてで、例えばパン屋さんで売っているピロシキとは全然違います。2人で、2800円弱で、特に「安い」ということも無いけれど、「高い」ということも無く、これだけお腹が満足するのであれば丁度かな、という感じです。

また、行きたい感じです。
もうちょっと、マダムのキツさが和らぐと良いのだけれど。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-29 18:37

山内鮮魚店の「牡蠣桜燻し」

山内鮮魚店牡蠣桜燻しを食べています。

温かい御飯を炊いて、炊飯器からまだ湯気が出ている間に、パックから出した牡蠣を小皿に出して、それをそのまま湯気の上に置いておくと少し温かくなるので、それをご飯でにのせて食べるのが美味しい。

先ほどのリンクに、「牡蠣桜燻しときのこの和風醤油タリアテッレ」のレシピが載っていたのも発見したので、今度、一人で夜ご飯の時に是非ともやってみよう。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-29 18:26 | いただきもの

『子育ての経済学』ジョシュア・ガンズ ("Parentonomics: An Economist Dad Looks at Parenting")

先ほど、『子育ての経済学』(ジョシュア・ガンズ) (原本は、"Parentonomics: An Economist Dad Looks at Parenting" by Joshua Gans)を読み終えた。

この、作者であるジョシュア・ガンズ氏は、Game Theorist というブログも書いているエコノミストで、よって、普通の経済学者であるわけだけれど、自分の3人の子供の子育てを経済学的な視点から書いたのが本書。

…というと、「子育ては、高リスク低リターンの投資効率の悪いものと書いてあるんでしょう?」と言われそうだけれど(現に、今朝、この本を読んでいると友人に話したら、予想通りのコメントが帰ってきた)そうではなく、子供を「モーティベーションの低い部下」に見立てたり、どのようにインセンティブを与えるか等を面白く紹介していて、あっという間に読めてしまった。

よって、あまり、「経済学」とは言えないかもしれないけれど、数ヶ月前に読んだマーク・スローン著「赤ちゃんの科学」と同様、夫にも勧めてみようと思った一冊。

その夫、先ほど家に帰ってきました。
それほど遅い帰宅ではないけれど、同僚と飲みすぎたみたいで、寝過ごして随分先まで行ってしまった模様。

家で飲めないわけでもないのに、そして、家で飲む方がずっと安いし、タバコも無いし、落ち着けるのに、何故、外だとあそこまで飲んでしまうのか不明。これこそ、経済学的説明が欲しいところ。
うーん。

「飲み過ぎ&タバコ臭い&洋服も臭い&食べ物のも大しておいしくない&合計金額は『美味しいものと美味しいワインを良いお店で頂く』のと変わらない&次の日もすっきりしない&満足感が少ない」

…どこをどう考えても、良い説明が出るとは思えない行動なんだけど。
人気ブログランキングへ
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-28 23:14 | 映画とか本とか

Boseのステレオ:その後

Boseのステレオを買った話を昨日書きました。

多分、普通のご家庭では「大したことではない」ことかもしれないけれど、今まで、こんなの(↓)を使っていた私達にとっては、「おおお!」という感動。


このラジオは、2004年の北米大停電の直後に買ったもので、周波数が違うから日本ではFMを聞くことが出来ませんでした。また、私が庭に出る時に一緒に持ち出したり、カウンターから落としたりしているうちに、真ん中の赤い電気が良くつかなくなって(=おそらく、きちんと受診できていないと言うこと?接触が悪くなっていたのかも)、聞きたい時にぱっと聞ける状態ではなくなっていました。

今回買ったBoseでは、当然と言えば当然ですが、チャンネル設定が出来るので、朝起きて、まず、エアコンを入れて、BoseもONにすれば、すぐにきれいにバッチリ聞けます。AMなのでステレオではないですが。

更に、iTunesからラジオも聞くことが出来るので、昨晩はJazzを聞いていました。
なんだか、急に、音楽だけは「お洒落なチェルシー辺りにあるホテルのレセプションエリア」のようになったようでした。

買って良かった。

人気ブログランキングへ
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-28 09:54 | 雑感

iPhotoで写真を小さくする:Update

「iPhotoで写真を小さくするにはどうしたら良いか分からない」と、昨日のブログに書きました。iPhotoでも、「書き出し」という方法があるらしいというところまでは分かったけれど、私のMacは英語版なので、「書き出し」が何か良くわかりませんでした。

でも、先ほどいじってみたところ、
iPhoto -> File -> Export -> File Export と進んで、Kindというところをjpegに変えると、サイズを選べるようになるようです。
e0023798_8285050.jpg


写真は、26日に出したお正月準備の一部。
うちではクリスマスツリーを出している期間が短いのでとても残念。日本風に、「(感謝祭をムシして)11月中旬から出してしまう」か、アメリカ風に、「お正月を越してしばらくクリスマスツリーを出しておく」のどちらかだと、クリスマスツリーをもっと長く楽しめるのに。

今日は、夫も仕事納めです。
今日で、今年のお弁当もおしまい。

お疲れ様でした。

人気ブログランキングへ
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-28 08:30 | 雑感

とうとう買ってしまったもの。

ここ2−3年、アメリカに行く度「欲しいねー、欲しいねー」と言っていたものを、昨日買ってきました。これ、BoseのWave Music System

只今キャンペーン中で、「Wave music system - SoundLink をキャンペーン価格の74,970円/税込(通常価格より12,600円OFF!)にてお買い求めいただけます。」とのこと。

アメリカで買うと、もっとずーっとずーっと、安いけれど、持って買えるのも大変だし、何か問題があってもサポートが無いから、ということで、今回、このキャンペーンと、伊勢丹株主優待(10%引き)を使って買ってきました。

私達は、家ではラジオを聞いているか、あるいは、iTunesでNYのクラシックFMの放送を聞いています。後者はMacから聞いていましたが、今回、これを購入したので、PCから無線で音を飛ばして聞くことが出来るようになりました。

約7万5千円の価値があるかどうかは不明だけれど(正直言えば、無いような気がするけれど、認めたくない…)すこし、「生活が豊か」になったような気分です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-27 19:52

iPhotoで写真を小さくする

どうやればいいのでしょう?
写真を載せようとすると、やたらと大きくて邪魔です。
夫に聞くのも癪に障るし。

「カメラの方の設定を変える」というオプションは無しで。(というのも、そうしてしまうとアルバム作成に支障が出るから。)

来年の目標の一つとして、「iPhotoの写真を手早く小さくする」を入れておきましょう!
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-27 19:46 | 気になった事・これから調べる事

「アメリカ的な家」

時々、コメントを下さる夢違い様のブログに、留学中の息子さんのホストファミリーがスリランカ出身との記載がありました。

丁度、タイムリーなこと(ただし、悲しいこと)があったので、書きます。

私が初めて「ホームステイ」をしたのは、かれこれ、20年近く前のこと。
約1ヶ月親元を離れ、アメリカの田舎町に行きました。
とんでもない田舎町で、一緒に日本人の女の子が一人滞在しましたが、他に日本人は当然いない状況です。

こちらのホストファミリーは、「おばあさん」と、その「BFのボブ」。2人は結婚していなかったけれど、「ルームメート」と、「パートナー」の間みたいな形で生活していました。一人っ子として産まれた「おばあさん」の子供たちが近所に数家族(8人子供を産んでいた)住んでいました。

とにかく、すごい田舎だったのですが、その後、米国に住んでいる間に2回、会いに行きました。

最初に何も分からずに滞在していた時には何も気がつかず、ただ単に、「白人家庭」「何となくアメリカで羨ましい」と思っていたけれど、自分の方も知恵が付き(?)、そして、英語の能力もずっと向上してから会いに行った2回目と3回目では、それほど、「輝かしい絵に描いたような白人アメリカ人家庭」ではなく、むしろ、「問題もいっぱい抱えている」ということが分かるようになっていました。

長くなるので別画面へ続きます。
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-27 19:41 | 雑感

Hello, Goodbye Kettle

BS日テレで、日曜日の夜、Tabi Photoという小さな番組をやっている。これを、その前にやっているトラベリックスをつけっぱなしにして見ていることがあるけれど、Tabi Photoで出て来るCMの音楽がビートルズのHello, Goodbye。

ご存知、やたらと、HelloとGoodbyeが多い曲だけれど、実は、この、「繰り返しモード」なところが結構好きだ。



でも、今回のメイントピックは、ビートルズの曲ではない。

私のやかんのことだ。
e0023798_839148.jpg

左側に映っている汚いやかんは、NYに引っ越してすぐに、ブロードウェイト74丁目あたりの角にあった、小さな家庭雑貨店で購入したもの。

そして、右側が新しく仲間入りしたビタクラフトのやかん。
母もビタクラフトのやかんを使っているけれど、彼女の方は「コロッ」とした方。
私の「かっちりしたやかん」は、母にも夫にも不人気だけれど、片付ける時省スペースで済むから、こちらを選択。

古いやかんの方は、最近水漏れもするし、蓋が水垢でくっついてしまって開かなくなってしまった。たしか、すごい安価だった。

でも、やかんに関しては、「物持ちの良い私」にしては珍しく、このビタクラフトのものは3個目になる。1つ目は、最初に米国に留学した時に使っていた白いもの(誰かからもらったもの)だったけれど、理由は忘れたけれど外で持って歩いていて、落としてへこんで使えなくなった。そして、写真のものが2つ目で、最新がビタクラフト。

早く使っても良いけれど、私の留守中に夫が「油っぽい料理」を作って、新品のやかんを油でべたべたにするのも癪に障るので、出産後、自宅に戻って来るまで隠しておこう…。

人気ブログランキングへ
[PR]
by welcome2nyc | 2010-12-27 19:21