そろそろタイトル変えようか(現在カリフォルニア)

welcome2ny.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

茗荷谷で、行きたいお店

もう、お腹が重すぎて(というか、苦しすぎて?)遠くに出かけることは不可能なので(近くのファーマシーに行くことすら、断固拒否!)一番近場の図書館まで行って、クウネルの最新号を読んできました。

丁度、茗荷谷の話や、ラジオが好きな人の話が掲載されていました。
茗荷谷は年に2−3回行くので、紹介されていたお店をメモしてきました。

(1)一幸庵:和菓子。わらび餅が美味しいのかな?
(2)マールツァイト:ミルク酵母のパンのお店。
(3)ロッソルビーノ:イタリアン食材のお店。江戸川橋の方が近そう。

(1)と(2)は、3月か4月頃には行けそうです。

今日は、久しぶりにカレーです。先週買って、そのまま冷蔵庫に入っていたかぼちゃも入れてみました。
それから、新じゃがが、一袋100円で安かったので、炊飯器でご飯と卵とともに調理中。
ツナと、卵とあえて、ピエトロのオニオンドレッシングとマヨネーズで和える予定。(そうすれば、タマネギを切る手間も省けちゃう。)
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-21 18:26 | 行ってみたい&行ってみたお店

39週目:かなり辛い。ライフハイトの物干(2)

こんばんは。

とうとう39週目に入りました。病院での検診は2週に一度から毎週になっています。
一応来週の予約を入れてあるけれど、それは、予定日の一日前。さて、それまで産まれるかどうか。

一昨日病院での検診では、予想体重は2760グラム程でした。いつ産まれても大丈夫な状況ですが、体がすごく辛いです。

とはいえ、実は、この辛さは「出産間近」によるものではなく、もしかしたら、ノロウイルスの所為かもしれません。一昨日から、嘔吐と下痢があり、結構ダメージを受けています。(涙)今日は、それでもまだほんの少し(15分くらい?)外に出られたし、ソファーでずっと横になっているわけではないのでまだマシですが、昨日は非常に辛かった。

こんな時に出産、なんてことになったら、まず体力がもたないだろうし、産まれてすぐに、私は内科病棟に入院して、赤ちゃんと接触できず、なんてことになりかねません。と言うことを考えると、お腹はかなり辛く、重く、どどーんと下の方に下がっている気がするけれども、まだ出て来ないでくれているだけ、ありがたいと思わないといけないのかもしれません。

さて、そんな折、届いたのが先日購入を考えていたライフハイトの物干

120、という、畳むと6センチになるものを注文したのですが、もうちょっと分厚い感じです。(あ、でも、きちんと測ったわけではないので。)

今まで、普通のお洗濯物用ピンチ(?)につけて、お風呂場で乾燥させていたのですが、この寒い季節、お部屋の暖房を入れているのに加え、浴室乾燥を使うのも勿体無いと思って購入したのですが、バッチリ乾きます。

ただ、ワイシャツを干すには少し、高さが足りませんし、すこし重いもの(夫のパーカー等)には向いていません。よって、そういったものは相変わらずお風呂場に放置。それから、ピンチを使うのにも向いていないので、少し、今までより時間がかかるような気がするけれど、それでも、無駄な電力(ガスだけど)を使ったり、寒いお風呂場でいそいそと干すよりずっと快適だし、洗濯物のおかげで少し湿度も上がるので買って良かったと思います。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-20 19:36 | 妊娠・出産

西つよし 「ただ、会いたい〜母へ」

NHKラジオで、「今月のユアソング」と言うコーナーが土曜日夜にあるのだけれど、その中で12月から放送されているのが、西つよしさんの「ただ、会いたい」と言う曲。



「今月の」と言うからには、12月で終わりかと思っていたら、1月になってもまだ放送しているし、どうやら、平日の2時頃にも放送しているらしい。折しも、「タイガーマスク運動」が広がってきているけれど、この曲も、かなりのdownerだ。

3歳で、母親と一緒に行ったデパートの屋上に置き去りにされた男の子の歌で(私達は、最初、女の子の歌だと思っていたけれど、上のyoutubeを見ると、男の子のようだ。)非常に悲しい歌だ。「西つよし」「ただ、会いたい」で検索すると、究極の泣ける曲、等と言ったコメントがあるけれど、確かにそうかも。

随分と古い曲なんだろうなと思っていたけれど、意外にも、昨年末に出て来た曲の模様。

…すっかり覚えてしまった。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-19 16:01

谷中散策(4):嵯峨の家

谷中散策、最後に寄ったのがおせんべいを売る店、嵯峨の家
(〒110-0001 東京都台東区谷中6丁目1-27電話 03-3821-6317)

お煎餅にあまり興味が無い私にはそこまでグググっ、と来るものではないのですが、夫はとても美味しいとの弁。

結局、この日一日ゆっくり歩いて1万歩を突破、恐らく、のんびり外で歩ける最後の日曜日、予想以上に楽しいものになりました。

谷中は、「墓地のある下町」くらいにしか思っていませんでしたが、実に、面白い場所だとつくづく感じました。次回そちらの方面に行く時には、上野から出発したり、また、日暮里繊維街にも足を伸ばしてみたいと思います。

また、成田からのアクセスも良いので、外国からの方が来た時にも、実はお薦めエリアなのかもしれません。

例えば、私達が前を通ったのは、ウィークリーホテル ウィル日暮里
その他に、「澤の屋旅館」というのもあるようです。

六本木や赤坂も悪くはないのだろうけれど、谷中エリアに滞在して、のんびり散策をするというのもオツかもしれません。

ああ、楽しかった。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-19 15:38 | 行ってみたい&行ってみたお店

谷中散策(3) いせ辰、へび道から言問通りへ。カヤバ珈琲と桃林堂。

「よみせ通り」をどんどん進むと、「三崎坂」にぶつかります。
ここをほんのちょっと左手に行くと出て来るのが、「いせ辰」。江戸千代紙のお店とのことですが、可愛らしい風呂敷等も売っています。(尚、ここで扱っている風呂敷等は、デパート等でも売っています。)

ここを出て進む先は「へび道」。その名前の通り、蛇のようにくねくねしていますが、元々は藍染川があったところらしいです。

道沿いには、フロランタンの専門店「アトリエ・ド・フロレンティーナ」や、ベーグル専門店「旅ベーグル」がこじんまりと入っております。

更に進むと「言問通り」が出てきます。ダラーッとした坂です。ここを上に向かってしばらく歩くと、先日から行きたいと思っていた「天三昧」が登場。
e0023798_19124128.jpg

ばら売りのものを包んで頂いて、家にもって帰りました。
e0023798_19131774.jpg

柚子味、醤油味、桜味(?)を頂きましたが、私は、普段食べている「くるみゆべし」とはちょっと違った「むにゅっ」とした感じが気に入りました。(夫はどうも、好きではなかったらしい。)

お店の方の話によると、仙台のお寺にもおろしている(?)とのことですので、もしかしたら、仙台のお寺のどこかで食べたことがいらっしゃるかもしれませんね。

だらだらした坂道をずんずん上って行くと、左側に出て来るのが「いかにもレトロな感じ」が漂う「カヤバ珈琲」です。HPによると、現在の経営はNPO法人によるものとのこと。昭和13年当時そのままですよ、と言うわけではないようですが、ゆっくり出来ます。

ただ、丁度、他のお客様がいなくなり私達夫婦しかいなくなった所為もあるかもしれませんが、働いている若者(!?)が歌謡曲の話をしたり、お客様がいるということをあまり自覚していないようなのがとても残念でした。とはいえ、「ルシアン」は美味しかった。うん。

カヤバ珈琲の、通りを挟んですぐお隣は旧吉田屋酒店

その「通り」を右側に入って行くと出て来るのが、「桃林堂」。私達が寄ったのは、このなかの上野店ですが、ここで、小鯛焼きを買ってきました。

小さいくせに、皮が薄くて、餡がぎっしり詰まっていて美味しいです。
本当は、お店でお抹茶を頂きながら食べたかったのですが、カヤバ珈琲でお茶を飲んだばかりだったので、それは我慢。
e0023798_19262512.jpg


「谷中散策(4)」にしつこく続きます。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-17 19:28 | 行ってみたい&行ってみたお店

谷中散策(2):マミーズ

先ほどの「谷中散策(1)」に引き続き、(2)です。

谷中ぎんざを歩き切ると、次に出て来るのが「よみせ通り」。こちらを左に曲がって少し行くと、手づくりアップルパイのお店「マミーズ」が出てきます。(幾つか店舗があるようですが、私が寄ったのは、もちろん、谷中店です。)
e0023798_9415225.jpg

こじんまりとした店内にはテーブルがあって、マミーズを紹介した雑誌が数冊置いてあります。
それをぱらぱらとめくりながら、しばし休憩。ホールでも買えますが、1切れ350円で買うことも出来ます。(ここで、再度お手洗いを借りました。)

こちらを出てしばらく進むと、「笑吉」と呼ばれる指人形のお店があります。残念ながら、公式(?)HPはないようですが、「勝手に応援サイト」と言うものはあるようです。(笑)

「指人形」という割に、結構大きいんです。
因に、このお店に行くちょっと手前に、割と最近で来たとみられる「吉里(きり)」という鰻屋さんがありました。

もう少し、書き足したいのですが、これから少しお出かけするので、谷中散策(2)は、ここまで。

まだ続きます。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-17 11:06 | 行ってみたい&行ってみたお店

谷中散策(1) 谷中煎餅、イナムラショウゾウ、松野屋、メンチカツ等

土曜日は、珍しく朝11時半まで眠ってしまったので、何となく調子が狂ってしまい、結果、「どこかに行きたい」という気持ちはあったのに、体が乗らない勿体無い過ごし方をしてしまいました。

そこで、日曜日は朝早くから有意義な一日にするべくきちんと起きて、11時過ぎには家を出発。先日から行きたいと思っていた谷中方面へ出発しました。

「谷中」という駅自体は無いのですが、JR西日暮里、日暮里、鴬谷、それから、地下鉄千代田線の千駄木や根津駅から歩いて行けるようです。私達はJR日暮里駅からスタート。

e0023798_9103134.jpg

「上野周辺お散歩マップ」というものがあって、これを1枚持っていると便利です。
(ここにのせたものは、vol. 45ですが、どうやら最新の50号があったようで、途中に寄ったお店で最新のものを頂いてお散歩に利用しました。探してみて下さい。)

まず、駅を降りて「谷中ぎんざ」方面に歩いて行くと、左手に建設中のスカイツリーが見えます。(残念、写真を撮りませんでした。

道の右側にも幾つか小さな趣のあるお店が並び、左側にはコンビニも。(ここでトイレをお借りしました。)コンビニにも、仏花が売っているところが、流石、寺町として有名な谷中です。

さて、真っすぐ歩くとまず出て来るのが、有名な「谷中せんべい 信泉堂」。
e0023798_91047.jpg


それほどおせんべいが好き、と言う程ではない私は、「ああ、おせんべいね」という感じだけれど、夫(おせんべい大好き)は「昔食べたおせんべいの味がする!」と感動。1枚65円です。

(ついでに、その裏側に入ったところに、とても美味しそうな「ショコラティエ イナムラショウゾウ」がありますが、ここでこってりチョコレートを使ったお菓子を食べてしまうと後が続かないのでグッと我慢。(涙)

少し歩くと、道が二股に分かれます。
左側に行く道が「夕やけだんだん」と呼ばれる割と緩やかな階段がある坂で、そちらに進むと「谷中ぎんざ」が出てきます。

でも、ちょっとその前に。
暮らしの道具 谷中 松野屋」というお店があります。ここは、HPをご覧になっての通り、ザル、カゴなど、懐かしいお道具が沢山です。

早速興味を引かれましたが、ここで止まっていては先はまだまだ長い。
気を取り直して夕やけだんだんをおりて行くと、「竹工芸 翠屋」が出てきます。
(〒116-0013 東京都荒川区 西日暮里3-13-5 TEL 03-3828-1746)

ここは、竹細工が沢山。沢ガニの形の箸置きなんて、もう、可愛らしいことこの上なし。(でも、撮影禁止なので写真はありません。)

階段を下り切ると、「谷中ぎんざ」が出てきます。
小さなお店がところ狭しと並んでいるのですが、その中に、「食べ歩き」をしている人たちが出て来ます。食べているのはメンチカツなど。

e0023798_923818.jpg

最初に出て来るのは「肉のすずき」。丁度、テレビの撮影をしていました。
次に出て来るのが「肉のサトー」。(こちらは写真を撮っていません。)

すずきのほうが岩手牛使用。
サトーの方が松坂牛使用とのこと。

私としては、すずきの方がジューシーでふわふわで美味しい!と思ったけれど、それはただ単に、スズキのほうを先に食べたからなのかもしれません。

続きます。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-17 09:29 | 行ってみたい&行ってみたお店

ライフハイトのペガサス物干し

今、室内干し用物干を探しています。
ライフハイトのペガサス物干し
を考えているのですが、如何でしょう。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-15 22:21 | 気になった事・これから調べる事

家の前の猫

私は猫が苦手だ。(犬も苦手だし、動物全般ダメだけど。)

でも、年末辺りから、時々家の前の植え込みに猫が座り込んでいる。
発見する度に追い払うけれど、「どうしていつもここにいるの?」と思っていたら、どうやら、植え込みの中にあるマンホールが日光で温められて、そこに座るのが快適らしく、先日は2匹座ってた。

夫に、「追い払っておいて!」と指令を出したところ、ホースを掴んで水攻撃。
この寒い時に水をかけられたら猫も嫌になるだろう、願わくば、2度と来ないだろう、と思っていたら、また来た。

…つい、ホースの設定を「ジェット」にしてしまった私も意地悪?(アイリスオーヤマのホースリールのジェット設定は、結構強力なんです。)
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-13 19:24

Don Carloを見ることが出来ず。でも、それなりに良い一日。

1月11日に病院に行って、経過を尋ねたところ特に問題はないとのことだったので、昨日はMET LIVE VIEWINGで「ドン・カルロ」を見るため新宿へ。

ところが、9時半頃ついたけれど、前2列しか席がありませんでした。

4時間強、首をあげっぱなし、ついでに、お手洗いにも行きにくい、となると少し心配なので、観るのを諦めました。残念。

そのかわり、雑用を済ませて来ました。

まず、母から指令(?)があったので、伊勢丹にてお雛様を下見。
そのまま伊勢丹のインテリアフロアをぶらぶら。

丸井本館の11時開店を待って、Zoffへ。実は、丸井に行くのは初体験。ついでに、Zoffも初体験。今までは伊勢丹やら他のお店で、ブランドの名前が入っている結構お高い(?)眼鏡をかけていたけれど、出産まであと2週間を切って、新生児室にいる我が子の姿をあまり良く見られない、なんてなると嫌なので、急いで作ってみることにしました。

眼鏡が出来るまで待っている間、屋上庭園のQ-COURTへ。元々、ドン・カルロを観るつもりで、休憩時間に食べようとハム&チーズ&卵入りサンドイッチ2つと、ハーブティーを用意していたので、それを持って屋上に行って、のんびり緑を見たり、メールをしたりしながら過ごしました。思っていたより風もなく、ゆっくり出来たので良かったかな。

家に帰ってからは、一念発起して庭掃除。
約3週間、東京では雨が降っていない所為もあるけれど、それを差し引いてももう、シーズンが終わっているべき唐辛子がそのまま植えられているので、そちらを全て抜いて、赤くなった実と、赤くならないまま茎が枯れてしまった緑の唐辛子を収穫して、今、窓側で干しています。

その後、お散歩をして、万歩計で1万歩を超えるところまで歩いたけれど、流石に、最後はかなり「とぼとぼ歩き」になってしまいました。

一昨日の晩も、夜中、10分くらいお腹が痛くて起きていました。
今朝も明け方、何となくお腹の中がおかしい感じがして起きていました。

お腹の中で赤ちゃんが動くと、お腹がいびつに動きます。
歩いていると、(実際にそんなことは無いにせよ、)そのまま下にごろっと出て来るんじゃないか?と感じることもあります。

推定体重も2700グラムくらいになっているので、いつ出てきてもおかしくありません。

いつその時が来るんだろう?というスリリング感、なかなか変なものです。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-01-13 11:06 | 雑感