そろそろタイトル変えようか。(現在東京)

welcome2ny.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:育児( 11 )

JALの国際線に子連れで乗るともらえるもの。

しばらく時間が空いてしまいましたが、先日、JAL国際線に乗りました。
e0023798_1121771.jpg


小さな袋に離乳食セットが入ったものをもらえました。
バシネットも使えたのですが、結構小さいので、本当に小さい赤ちゃん用というかんじで、活発な我が娘には合わず、ずっと抱っこしていました。

この他、Mサイズのパンパースもいただけます。

帰国便では、現地の離乳食の瓶詰めをもらえます。

哺乳瓶の予備も持っていきましたが、万が一に備えて「乳首部分」だけも用意しておきました。
機内で洗えるかどうか心配していましたが、あまり忙しくなさそうな時間にお願いをしたところ、コーヒーメーカーのお湯を使って、中を軽く洗浄して下さったので、とても助かりました。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-06-08 11:24 | 育児

「アサヒ 富士山のバナジウム天然水」で下痢?

汚い話で申し訳ないのですが、23日より、娘がミルクを飲む度にウンチをしています。
結構水っぽく、飲んでる途中から出している、という感じです。

でも、機嫌が悪いわけでも、吐くわけでも、具合が悪そうなわけでも熱があるわけでもありません。ただ単に、「飲むと出す」だけです。

先ほど、そろそろ暑くなるので、湯冷ましを飲む練習を、と思い、「アサヒ 富士山のバナジウム天然水」の湯冷ましを飲ませたところ、一口飲んだところで、下から出し始めました。もしや、このお水が合っていないのかも?

上記サイトには、「粉ミルクの調乳にも安心して使用いただけます。」と書いてあって、以下の記載があります。

Q.「アサヒ 富士山のバナジウム天然水」及び「アサヒ 六甲のおいしい水」は粉ミルクの調乳に使っても良いですか?

A. 一般的に粉ミルクにはミネラル量の多い硬水は、赤ちゃんへの内臓に負担をかけるため、適さないと言われています。当社の「アサヒ 富士山のバナジウム天然水」及び「アサヒ 六甲のおいしい水」はミネラル含量の少ない軟水ですので、粉ミルクの調乳に使用することについては、問題無いと考えています。


よって、ただ単に、私の娘にあわなかっただけなのかもしれません。

地震の後、娘にだけは水をペットボトルで買って飲ませているのですが、「アサヒ 富士山のバナジウム天然水」は知人から送って頂きました。

さて、あと20本もあるので、そのまま飲ませるか、我々が飲むか。悩むところです。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-05-25 23:08 | 育児

4ヶ月目に入りました。Baby's first ball

娘は4ヶ月目に入りました。
3ヶ月目から使える、と書いてあった、K's kidsのBaby's first ballを今朝、与えてみました。(日本では、株式会社ダッドウェイが輸入しているようです。)



このボール、洗濯機で洗うことが出来るようです。
それにしても、あかちゃんのおもちゃってなんて可愛いのでしょう。

でも、先日聞きました。
親は、「淡い色」とか、「ナチュラル」な感じのもの(木のものとか、オーガニックコットンとかですね)を子供に与えたがるけれど、子供にとっては、「原色ではっきりしたもの」で、お人形だったら「お目目ぱっちり」とか、私も持っていましたが、こういうものの方が好きらしいです。

(画像は、こちらからお借りしました。)

今回のこのボールは、しっかり原色ですが、こういった、セルライトのお人形はもう、殆ど見ることがないので懐かしいです。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-05-23 09:40 | 育児

アッコトト (Accototo)の食器

日本の食器メーカー、NIKKOが出している子供食器シリーズに、 Accototo(アッコトト)というものがあります。



この、キリンのシリーズの食器を母に買ってもらいました。
大きくなってからも違和感無く使えるように真っ白いお皿を買ってあげても良いけれど、これも可愛かったので。

届くのが楽しみ!
[PR]
by welcome2nyc | 2011-05-17 20:39 | 育児

petit bonheur(プチボヌール)の帽子

こんにちは。

先日、新宿伊勢丹にて、petit bonheur(プチボヌール)の帽子を買いました。
(伊勢丹ではないのですが、こちらのお店でも売っています。下の画像も、このお店からお借りしています。)


すぐに大きくなる赤ちゃんの帽子にしては高いな、と思ったのですが、これ、赤ちゃんの頭のサイズに合わせてひもを絞ることが出来るんです。また、首の部分もゴムではなくてひもなので、舐めたり、引っ張ったりしてべろーんとなることがなく、しばらく使えそうです。(私、帽子のひもが大嫌いでした。)

我が子は女の子なのに、まだまだ禿ですが、可愛い帽子をかぶっていたら少しは女の子っぽく見えるかしら、と期待しています。


[PR]
by welcome2nyc | 2011-04-10 13:57 | 育児

伊勢丹写真室へ

伊勢丹写真室へ行って来ました。娘の写真を撮って頂く為です。

先日、既にお宮参りも済ませたのですが、写真は私が希望するように「子供一人」のスタジオ写真を撮ることが出来ませんでした。私の母と、私自身も、以前から伊勢丹の写真室で写真を撮ってあげたいと思っていたので出かけてきたのです。

私自身は、父の転勤で東京から離れていたこともあったので、実際に伊勢丹の写真室で撮ったのは3回のみ。成人式、就職活動用、それから、従姉の結婚式の時に、私達家族だけで記念写真を撮った3回です。

ところが。

すっかり覚えていなかった(というか、意識していなかった)のですが、丁度、入学式&入園式にぶつかったので、大混雑でした。仕方なく、2号館の方に行ったのですが、それでも、かなり遅くの時間にしか予約が取れませんでした。

伊勢丹の写真室、かなりお値段は高めです。でも、(他所と同じシーンを撮ってもらって比べたことが無いのですが、)「そこで撮ってもらうことに価値がある」ようで、こんな不況でも、そして、自粛モードがある中でも混んでいます。以前に撮って頂いた時にはパソコンで確認なんて出来なかったのですが、今回は、何枚か撮って頂いた中から消去法で画面上で選ぶことが出来、あまり迷わずに決めることが出来ました。

撮影も、流石プロ、テキパキと子供の笑い顔を見つけてはどんどん撮って下さって、私自身も楽でした。

6つ切りサイズ1枚のみを2部で、約2万円。結構高いです。でも、これも、ずっと残しておけるものだし、これで、私達も幸せになれるならばそれはそれで良いのかな、と思います。また、最近、ひとつひとつやることに「思い出」が加わってきているような気がします。きっと、この写真が出来上がってきて、あと20年先、30年先に見た時に、「そう言えば、混んでいた」と話すことになるのでしょう。

東京も、NYも不思議なもので、「高いもの程どんどん売れる」「高いところほど混んでいる」のを実感した撮影でした。

そうそう。

乳児の水の摂取制限を受けて、伊勢丹の乳幼児休憩室では普通の給湯器が使えなくなっていました。そのかわり、ポットにミネラルウォーターを沸騰させたものが入っていました。ありがたいです。



[PR]
by welcome2nyc | 2011-04-08 11:53 | 育児

これが、「遊び飲み」というものなのか。

こんにちは。

最近、夜寝るペースが出来てきたのか、一度に5時間くらい寝てくれる日があり助かります。
でも、次なる問題(?)は、「遊び飲み」と言われるもの(とおもわれる)。

現在、ミルクを一度に160ccほど飲むのですが、途中で哺乳瓶を舌で押し出したり、笑ったり、きょろきょろしたりしてなかなか飲まないこともあります。真面目に飲むと、6−7分で終わるのに、先ほどは全部飲むのに40分もかかりました。でも、「居眠りしているような時」とか、要するに、注意力も何も無い時には淡々と飲むんです。

ああ、これが遊び飲みなのね、と気がつき、これも成長の一環だと思うと、ちょっぴり迷惑、でも、嬉しいと言うべきなのかも。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-04-06 11:45 | 育児

子供の成長:2ヶ月半

子供が産まれて、2ヶ月半になりました。

首が殆ど据わってきました。
先ほど、池袋西武の子供用休憩室で体重を量ったら(ええ、身長も、体重も計れるんですよ!)5.2キロになっていました。

まだ髪の毛は申し訳程度にしか生えていないけれど、日々進化していて、とても可愛いです。

でも。

正直、すこし疲れて来ています。
家の中が常に片付かないし、やりたい仕事が上手く片付かない。
そして、なまじ「自営業」のように仕事を請け負っているので、どこかに預けることも出来ないし、同僚もいないから愚痴る相手もいない。

忙しい時に限って大泣きするとか。

育児ではこれがつきものと頭では理解しているし、だったら、なにか、手を抜けば良いじゃないかと思っても、今までと同じように整理整頓して、色々と整えておきたいと思うと、イライラするわけです。

多分、その要因の一つは、地震の後遺症(?)。
精神的なもの以外何でもないけれど、お水を確保しないといけない、とか、ミルクが買えなくなった、とか、オムツも品薄、なんて言うことが続いていたので、その分、ストレスが増えているのだと思います。

悪循環ですが、仕方がありません。早く、もうちょっと余裕を持って生活したいです。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-04-04 19:43 | 育児

子供の成長:1ヶ月半

子供が産まれてから1ヶ月半になりました。

実家にいたときは、かすかに「あ」とか「う」とかしか発しなかったのに、自宅に帰って1週間のうちに、「あ、あ」とか、「う、う」という感じに、音が2つ以上出せるようになりました。

私が自宅に戻ってから、夫が1週間程休みを取ってくれたのですが、それが非常に助かりました。
もともと子供好きな夫。(それに対し、子供が苦手な私。)
自宅に戻ったら、彼に家事をやってもらって私が子供の世話を、と思っていたのですが、どうやら、夫は子供の心をわしづかみした模様。(笑)結局、彼が子供の相手をしてくれている間に、私は片付けやら、色々な雑用を済ませることが出来ました。

飲むミルクの量も随分増え、一度に100cc飲めるようになり、一日で600ccを超えて飲むようになりました。私達が周りにいると、そちらの方に首を回して見るし、「甘える」ことを覚えているようで、なかなか子供との知恵比べも面白いものです。何となく、眉毛も生えてきました。(髪は相変わらず少ないけれど。)

たったの1週間とはいえない程の成長、あまりにも目覚ましくて驚くばかりです。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-03-07 20:34 | 育児

初節句と雑感

娘の初節句を済ませました。

色々と、これを巡っては紆余曲折もあったのですが、結果的に、無事初節句を済ませることが出来てほっとしています。

私自身、実家から戻ったばかりだし、準備も大変なので、双方の両親が色々と持ってきてくれての初節句。義両親はお寿司と、お吸い物。私の両親は、鯛のお造りとお茶菓子を持ってきてくれました。自宅のテーブルが分不相応にご立派な食事で満たされて、我が子もこういう食事を毎年楽しめるような人生を送ってほしいと思いました。

「まったく、面倒なことをするものだ」と思っていたけれど、皆で食事をしながら話していたら、こういうイベント毎を節目でやっておくことは決して無意味なことではないんだなと思いました。今回のおひな祭りの写真も、家族のアルバムの1ページに残って、子供は覚えていなくても「祖父母と両親がみんなで揃ってお祝いをしてくれた」事実がいつまでも分かること、これが、ポイントなんだと思いました。
[PR]
by welcome2nyc | 2011-03-02 13:12 | 育児